久しぶりの講習会

あなたの想いをあなたに代わって、お花で表現するフラワーデザイナーの有薗なおみです。


今年になって台風の数が21個目。かなり多い年のようです。また、記録を更新してしまうのでしょうか。台風の被害が出ているところに、今度は地震で北海道が大変な被害が出ているようです。被害の復旧が進まないまま、雪の季節となってしまいます。一日も早い復旧を願うばかりです。

 

前回、お話ししました我が家のゴーヤのことなんですが。

虫さんたちの力がお借りできないなら、自分で受粉すればゴーヤが実るのでは?と考え、ダメもとで咲いている花同士をくっつけてみました。そしたら、何と!!

 

小さいですが、ゴーヤが実りはじめたではありませんか。もっと早くやっておけばもう少し収穫できたのにな~。自然の力?人の力?って本当に凄いですね()


一緒に朝顔も咲き始めてとても綺麗です。

さて、私事ですが最近日々の生活と仕事に追われてお花の勉強を怠っていたので、友人に誘われたのもあり資材屋さん主催の講習会に参加してきました。

 

講師の先生は、「中村有孝さん」。
中村さんは、私が数年前まで出ていたフジテレビフラワーネットの全国大会で優勝して、その後別の世界大会で4位という成績をおさめられている凄い方!
そして、凄いのは成績だけではなくて、高身長でイケメン!
神様は、二物にとどまらず三物をお与えになるんですね~。

と、いうことで講習会で写真の撮影は禁止でしたので私の作品を紹介します。

今回は、ウッドスライスという切り株の薄いタイルのようなもので器を作るところから始まる、アーティフィシャルフラワーの講習です。


まず器の作成です。土台の器に沿って、ウッドスライスを敷き詰めて形を作ってホットグルーで留めていきます。


ここからが、本当の腕の見せ所です。

この器を引き立たせながらどのようにお花を入れていくか。お花の入れ方次第で、せっかく時間をかけて作った器が台無しになってしまうのです。

お花が、この器を通じてどんな表情を見せてくれるのか。また、お花を通じてこの器との相性をどう表現していくか(久しぶりにフラワーデザイナーっぽい発言しちゃいました(*^^*))

これって、本当に大切なことなんです。

器作りに没頭するあまり、土台が立派すぎて花をうまく入れることができず残念な作品も沢山目にしています。逆に、土台が丁寧に作られておらず完成度が低いのでお花がどんなにきれいでも引き立て合えない作品。
ん~、奥が深いですね!

ということで、私はこの花材でこんな感じにお花を入れてみました。

私的には、そこそこ満足できる作品になりました。どうでしょうか??()

でも、決して100%は満足してないのでこれからも終わりなき勉強を続けていく決心をした講習会となりました。学びは、楽しいですね!新たなチャレンジ精神にも火がつた有意義な時間でした。

最後に、いつも私がお世話になっている株式会社フォルテシモ様が、9月15日~17日に練馬の光が丘公園で開催されるイベント「ロハスフェスタ東京2018」に出展されます。私も今回のイベントの商品デザインなどでご協力させて頂いております。楽しい企画や沢山のお店も出展されているのでカップル、ご家族、もちろんおひとり様でも楽しめるイベントです!

手帳を開いて、予定が何もないあなた!!是非、足をお運びくださいませ。お会いできるのを楽しみにしております。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です