花を探して江の島のサムエル・コッキング苑へGOGO★

 こんにちは!石井よーこです。
早いものでもう
12月です!今年の紅葉撮影もボチボチ終りなので、お花を探しにポカポカ陽気の江の島へ行ってきました。目指したのはサムエル・コッキング苑♪


明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した和洋折衷で南国ムード溢れる植物園で、
1月のウィンターチューリップなどが有名ですが、11月末でもいろんな花が咲いていました。

まずはコスモス★

秋ももう終わりというのに、とっても綺麗な状態で咲いていました!

暖かな陽射しをいっぱい浴びて、とっても気持ちよさそう~!

日焼け止めなど塗っていなかった私は思わぬ陽射しの強さにおびえていましたが

続いて、ウィンターコスモス★


秋のコスモスと冬のコスモスが同時に楽しめるんですね~!

って思ったら、コスモスとは別の花らしいです() 

そもそも、コスモスは「秋桜」と表記することが多いのですが、桜ではないし、更にウィンターコスモスはもちろん桜ではなく、コスモスでもないってどうよ!?

お花の名前あるあるですね^^;

でも、ウィンターコスモスは花弁が小さめのとっても可愛らしい花でした。

可愛らしい花はそれだけでもう何でも許せそうです。

因みに、花言葉には「忍耐」という意味もあるそうです。寒い時期に咲く花にピッタリですね!私はウィンターコスモスにはなれそうもありません。

続いてラベンダー★


ラベンダーと言えば、富良野のラベンダーを見に行ったことがあるのですが(このラベンダーとは違う品種だけど)、あれは夏でしたよ! 北海道の夏が涼しいのか、江の島の冬が暖かいのかよく分からないのですが、とにかくいい香りでした!

写真にはちょこっとしか写っていないのですが、シジミチョウがたくさん集まっていました。やっぱりいい香りの花には集まるんですね~!

それとも、私を歓迎して集まって来たとか???ありがとう、シジミチョウ!

そんなこんなで、私も撮影しながらラベンダーの香りに癒されました♡

他にも、クリスマスっぽい寄せ植えもありました。


きゃ~!かわいい!ポインセチアもこんな風に寄せ植えにするのも可愛いですね!

それにしても、季節がいつなんだか分からなくなる不思議ワールドコッキング苑!!

おしゃれな多肉植物の寄せ植えも発見~!


右のフラワーベースには電飾(電飾って表現が古い?())が入っていたので、夜はロマンチックな雰囲気になるのでしょうね~。夜のイルミネーションも見てみたいな~!

でも、夜はカップルがいっぱいかしら?

その横でしゃがみこんだり、地面に寝そべって撮影するおばちゃんがいたら迷惑でしょうね。私は気にしませんけど!

そういえば、コッキング苑の先に「龍恋の鐘」というのがあって、鐘を2人で鳴らした後 、近くにある金網に「2人の名前を書いた南京錠」 をつけると 永遠の愛が叶うと言われているスポットがあったんですよ。

せっかくなので私も鐘を鳴らしました!もちろんひとりで鳴らしましたけどね!

しかも、ものすごい大きな音が出てしまい江の島中におばちゃんがひとりで鳴らす鐘の音が響き渡ったに違いありません。悔いなどないわ!

悔いはなくてもお腹はすくので、サムエル・コッキング苑の中にあるフレンチトーストのお店「Lon Cafe」にお邪魔しました。

海を眺めながらテラスで食べるフレンチトースト、最高~!


例によって、ボケフォトなので、分かりにくいのですがテーブルに多肉植物が飾られていました。(ちゃんと多肉ちゃんも撮れ!ってハナシですね^^)

店内のディスプレイもとってもお洒落!


壁にこんな風に鉢植えを飾るのも素敵ですね!

人気のお店と聞いて、開店前に行ったら、なんと1番乗り!(どんだけ食べたかったんだか!)おかげでゆっくり撮影できました♪

サムエル・コッキング苑散策の後は、稚児が淵で海を眺めたり、岩屋の洞窟で恐ろしい自撮りを楽しんだり、仲見世通りでシラス丼を食べたり、江ノ電に乗ったり思いっ切り江の島を満喫しました! 楽しかった~♪

*おまけ*

サムエル・コッキング苑のタイワンリス


木の上から「カリカリカリカリ」ともの凄い音がするので、なんだろう?と思ったらタイワンリスがいました! 可愛いんだけど、シマリスに比べると、何か悪だくみを考えているような顔に見えるんですよ() いや、可愛いんですけどね。なんか、こう悪い顔しますよね()

では、どんどん寒くなっていきますが、元気に過ごしましょうね~!ごきげんよう♪

石井よーこ

 

 

 

 

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です