2018年の丸の内&銀座のツリーめぐり★

こんにちは!石井よーこです。

夏には「このままずっと暑かったらどうしよう!」と思っていたのですが、冬になった途端に寒くなりましたね。

というか、急に寒くなり過ぎです!身体も心もついていけません!

でも、クリスマスは少し寒いくらいの方が雰囲気は盛り上がるような気がします。

ツリーの下で手を取り合う恋人たちとか

白い息を吐きながらイルミネーションを見て目をキラキラさせている子供たちとか

鼻をトナカイのごとく赤くさせながらかじかむ指でカメラを構えるおばちゃんとか……。あ、最後は余計でしたか?

そんなこんなで、今年も丸の内&銀座のツリーを見に行ってきたので、ご紹介しますね。

まずは、恒例の丸ビル。

昨年はニコライバーグマン監修でしたが、今年は北欧風のツリーでした。

ノルディックセーターのようなツリーと、天井からつるされた毛糸玉など、ほっこりと温かい雰囲気のツリーでした。

時間によっては、ライティングと共にユーミンの曲なども流れるので、ユーミン世代であろう大人のお姉さまたちが大喜びでした。きっと若かりし日のクリスマスを思い出しているのでしょうね~♪

そして、こちらもおなじみのKITTEのツリー

丸の内全体が北欧のクリスマスがテーマなので、ツリーの前に雪模様の看板(?)があるのですが、それ以外は去年との違いが分からず

それでも、いろいろな色にライティングされる大きなツリーは美しかったです♪

続いて銀座。

今年はQUEENの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしているので、もしかしたら楽器屋さんのツリーにはフレディーがいたりして!?という妄想をしながら、まずは銀座山野楽器本店へ

 

さすがにフレディーのオーナメントはぶら下がっていませんでしたが、ツリーの横でボヘミアン・ラプソディのサントラCDを販売していました() プレゼントにどうぞ~!という感じかしら。 

ツリーは音楽に合わせてライティングが変わる恒例のもので、BGMはマライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」と、映画『アナと雪の女王』でおなじみ、May J.Let It Go」でした。

ここは毎年動画を撮っている人も多い、人気スポットですね。

もう1件、楽器店へGOGO! ということで、ヤマハ銀座店へ。


なんと、北海道の北見木材で製造したピアノ木製部材の端材から制作した高さ3.5mのクリスマスツリーに、オホーツクエリアの森が育んだ自然素材で装飾を施しているとのこと。とても温かみがある素敵なツリーでした。

ツリーと言えばモミの木ですが、こうした端材を使ったツリーはエコだし、いいですよね~! とても素敵なので、銀座へ行かれた際にご覧になってみて下さい♪

(フレディーはもちろんいません)

続いて銀座からは少し外れますが、こちらも定番のカレッタ汐留のイルミネーション。

プリンセスイルミネーションはとってもロマンティック! 真ん中の通路部分は入場制限がありますが、少し待てば入れるのでせっかくなら中で見るのがいいですよね~。私ももちろん、中に入りましたよ。そこでいつものようにしゃがんで撮影しましたよ!ありの~ままの~自分を信じて撮るのよぉぉ~♪


あれ?ロマンティックというより、魔女の館みたいな写真になっちゃいました()

実際はとってもロマンティックですよ~。

最後は有楽町駅前の交通会館。

こちらはツリーではないのですが、可愛らしいので撮影しました。


ちょっとパリっぽくないですか?思い切り「TOKYO」って文字が入っていますけれどね。

交通会館らしく、船の舵や飛行機もあって夢があって楽しいイルミネーションでした。

ちなみに、すぐ横で〇〇億円が当たる夢を買うようにお勧めするお姉さんが、「発売は今日までで!夢を買わないで帰っていいんですか~!今日までですよ!!!」って叫んでいました() 

夢はね、お金で買うもんじゃないんですよ。

有名アスリートさんたちは「夢は見るもんじゃない、叶えるもの」なんて格好いいことを言っていますよね!

うん、私も「妄想は見るものではなく、叶えるもの!」って言ってみたいです。

では、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね! ごきげんよう♪

 

 

石井よーこ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です